日本初の私立美術館、
100年ぶりに
神戸によみがえる

川崎正蔵翁像

明治23年(1890)9月6日、神戸市布引の川崎邸(現在のJR新神戸駅周辺)に日本初の私立美術館「川崎美術館」が開館しました。創設者は川崎正蔵(1837~1912)。川崎造船所(現川崎重工業株式会社)や神戸新聞社などを創業した、近代日本を代表する実業家です。


明治時代、急速に西洋文化の流入と廃仏棄釈が進むなか、古美術品の海外流出を憂慮した川崎正蔵は、日本・東洋美術を彩る優品を幅広く収集し、一大コレクションを形成しました。そのコレクションを秘蔵することなく、公開することを目的として、日本初の私立美術館「川崎美術館」は誕生します。川崎美術館は、大正13年(1924)の第14回展観(展覧会)まで活動していました。


残念ながら、昭和2年(1927)の金融恐慌をきっかけにコレクションは散逸し、川崎美術館の建物も水害や戦災によって失われてしまいましたが、川崎正蔵が愛した作品は、今なお国内外で大切に守り伝えられています。本展では、珠玉の作品が再び神戸に集い、約100年ぶりによみがえる川崎美術館へと皆さまをご招待します。


グイード・モリナーリ 「川崎正蔵翁像」 明治33年(1900) 川崎重工業株式会社 (通期展示)

お知らせ

2022年9月6日

チケットページに「オリジナルグッズ付きチケット」をアップしました。

2022年8月10日

公式サイトをリニューアルしました!

2022年7月7日

プレスのみなさまへ、画像申請書をアップしました。【 画像申請書

2022年7月6日

本展の記者発表会を行いました。【 7月6日プレスリリース

2022年2月4日

公式サイトがオープンしました。

  • Twitter
  • Facebook